査定の種類

マンション査定の種類を知っておこう

マンション査定をする場合には、その種類について知っておく必要があります。高いものを売るわけですから、後で後悔しないようにマンション査定について知っておきましょう。 まず、査定には大きく分けて2種類あります。 一つが簡易査定です。簡易査定とはインターネットを利用して簡単に行うことができる査定です。この査定の特徴は、お金もかからず簡単にできる点が魅力です。マンションの立地や広さ、築年数などのデータからその近辺やそのマンションで過去に売れた価格を元にどれくらいで売れるのかを査定します。これに対して、実査定というものもあります。実査定とは、実際に不動産会社の人に来てもらい、簡易査定ではわからなかった部分まで査定してもらうことです。

査定額はあまりあてにならないこともある

マンション査定をした場合、実際に査定額で売却ができるかと言えばなかなかそんなにうまくはいかないようです。 大抵は、査定額よりも低い額でしか売れないものです。それでも不動産会社としては、査定額を高めに設定します。その理由は、自分の会社で扱う物件を少しでも増やすためです。実際に売れた場合には仲介手数料をもらうことが出来るため、どの不動産会社も適正価格よりも高めの査定額を提示します。 売主としては、マンション査定額をそのまま信じてはいけません。普通はどう考えても安くしか売ることは出来ないのです。 もし、どうしても高く売ろうとするならば、時間をかけるしかありません。そのマンションをどうしても欲しいという人がいればの話ですが。